銀行印とは

イメージ画像

実印に次ぐ重要な印鑑は銀行印です。

文字通り、銀行の口座を作る際に本人確認を行うために使われる印鑑の事で、
最近はATMの普及で一般にはあまり使用されなくなりましたが、
昔は銀行の窓口でお金を引き出す際の証明として使っていました。
近年は高齢者を狙った振り込め詐欺の被害を減らすために高額の振り込みがATMでは出来ないようになっていますので、
仕送りを送金している家族の方は以前より使用頻度はあがっているかもしれません。

この銀行印も、基本的には手彫りの判子を使うのが一般的です。
簡単に偽造できる既製品や大量生産品を使うのはトラブルの元になりますので、
銀行印を作る際は手彫りの判子で登録するのがお勧めです。

銀行印が使われるのは、銀行等の各種金融機関や民営化された郵便局等です。
行政の範囲外での金銭の取り扱いのは銀行印を使うと覚えておくと良いでしょう。
上記の実印と共に、持ち主の特定がしやすいように、作る際には名字だけでなく名前も一緒に彫っておくと
より一層偽造の心配が少なくなります。
判子に彫られている文字が複雑になればなるほど偽造がしにくくなりますので、
姓名両方を彫った判子にする事をお勧めします。

また、銀行印と通帳さえあれば誰でもお金を引き出すことが出来てしまうので、盗難には注意が必要です。
ご自分が使用する際には、同じ場所に保管していた方が紛失等の恐れが減りますから、
同じ場所に保管している方も多いと思われますが、通帳と銀行印は別の場所に保管するようにした方が良いでしょう。

印鑑や法人印から考える、印鑑雑学
http://www.allo-annuaire.net/
キラキラ印鑑が気分を上げてくれる
http://www.hootersargentina.com/

このページの先頭へ