印鑑により個人及び法人を証明する制度

印鑑登録イメージ

印鑑登録とは、印鑑により個人及び法人を証明する制度で、それに使用される印鑑の事を実印と呼びます。
銀行印を登録している人もいますが、別々にすることももちろん可能です。

印鑑登録をするには資格が必要で、15歳以上のその市町村に住民登録している者、外国人の場合は外国人登録法による登録を受けていることが必要になります。
登録できる印鑑についても細かい定めが規定されていて、大きさは1辺8mmから25mmの正方形の中に収まるもので形に制限はありません。

文字は住民基本台帳や外国人登録原票に記録されている氏、名、その組み合わせに限られます。
1人に付き1個限り印鑑登録を受ける事が可能です。
規格外のものや印影が不鮮明なもの、文字が切れているもの、外枠がないもの、ローマ字でつくられたもの、氏名以外の事項が記載されたもの、ゴム印のように変形しやすいものは登録することが出来ません。

印鑑登録を申請するには、住民登録している役所に直接本人が出頭し、印鑑登録申請書に印鑑を添えて窓口に提出します。
やむを得ない理由で本人が出頭できない場合に限り、その理由を証明する委任状を代理人が持参して申請することが出来ます。
登録の際に必要なものは、実印登録する印鑑、身分証明書、代理人の場合は委任状、それから登録費用となります。
申請が受理されると「印鑑登録証」といカードが交付され、これで印鑑の登録は完了です。

申請時に身分証明書を持参していなかった場合は、後日役所が印鑑登録の申請の事実について 文書などにより 申請者本人に照会し、申請者がその回答書を持参することで確認がとれた時点で交付を受けることが可能になります。
照会に対して期限内に回答がない場合や申請が本人の意志に基づかないものであった時は印鑑登録の申請の受理が取り消されます。

ページの先頭へ