それぞれの印鑑と役割

法人印鑑イメージ

法人でよく使われる印鑑の用語には以下の物があります。

「契印」

契印とは契約書が複数枚になる場合にそれらが1つの契約書である事を証明するために捺印するものです。
この契印がないと跡から書面の追加や際換えの恐れが出てしまいます。
使用する印鑑は署名捺印の際に使用した印鑑と同じもので、契約当事者が全員押印します。

「割印」

割り印とは契約書の正本、複本などの2枚の書類が元々一対だったと証明するために、その両方にまたがって押印します。
また、同じ契約書を2通作った場合に、同時に作成された同じ契約書である事を示すためにも使われます。
使用する印鑑は署名捺印の際に使用した印鑑と同じ物である必要はありません。

「捨印」

捨印とは契約書などの書類の内容に訂正が出た場合を想定して、前もって訂正印になる印鑑を欄外に押しておくことです。
これによって、後日訂正が必要になった時にわざわざ相手まで押印してもらいに行く必要がなくなります。
書類を受け取る側にとっては手間が省けて良い事なのですが、書類を渡す側にとっては訂正が出る前から押しておくために知らないうちに内容を書き換えられる恐れがあります。

銀行の口座振替の手続きを銀行印で行う際、郵送はがきでよく見かけますが、銀行は信用で成り立っているため悪用される恐れはまずないと思われます。
ただし、普段なにげなく押してしまう事が多い捨印の意味をよく理解して、少しでも不安がある場合は簡単に捨印を押さないようにした方が良いでしょう。

ページの先頭へ